【DAZNが0円で⁈】プロ野球を実質無料で見る方法

【2024年】中日・フェリスのメジャー時代の年俸推移と成績!球種や評価は?

【中日】マイケル・フェリスのメジャー時代の年俸推移と成績!球種や評価は?

2023年7月24日に中日への移籍が発表されたマイケル・フェリス投手。

メジャー通算228試合登板の経験豊富な中継ぎ投手ですが、MLB時代の年俸や成績はどのようなものだったのでしょうか?

この記事では、中日・フェリス投手のメジャー時代の年俸推移や成績、球種や球速などの評価について紹介していきます。

目次

マイケル・フェリスの年俸推移と年度別成績【メジャー/マイナー/中日】

マイケル・フェリス投手の年俸推移と年度別成績がこちら。

スクロールできます
年度(満年齢)所属年俸(ドル)年俸(日本円)成績
2015(22歳)HOU$97,0621200万円5試 0勝0敗 防7.88
2016(23歳)HOU$507,5006100万円47試 8勝1敗 5H 防4.43
2017(24歳)HOU$534,3156400万円46試 4勝2敗 2H 防5.63
2018(25歳)PIT$491,9465900万円47試 1勝2敗 12H 防5.66
2019(26歳)PIT$850,0001億200万円58試 4勝4敗 3H 防3.99
2020(27歳)PIT$407,4074900万円3試 0勝0敗 防32.40
2021(28歳)PIT, CIN, BOS, OAK$1,000,0001億2000万円21試 0勝0敗 1S 防8.79
2022(29歳)BOS, MIN$7,692100万円1試 0勝0敗 防2.70
2023(30歳)メキシコ→中日3000万円19試 1勝0敗 9H 防3.14
2024(31歳)中日1億円
年俸はspotrac参照、成績の太字はリーグ最高。
チーム略称
  • HOU:ヒューストン・アストロズ
  • PIT:ピッツバーグ・パイレーツ
  • CIN:シンシナティ・レッズ
  • BOS:ボストン・レッドソックス
  • OAK:オークランド・アスレチックス
  • MIN:ミネソタ・ツインズ

マイケル・フェリスのマイナーとメキシカンリーグ成績

スクロールできます
年度(満年齢)リーグ成績
2010(17歳)ルーキー3試 0勝1敗 防4.26 WHIP0.95
2011(18歳)ルーキー12試 0勝3敗 防4.32 WHIP1.48
2012(19歳)ルーキー13試 6勝1敗 防3.34 WHIP1.18
2013(20歳)A-14試 4勝2敗 1S 防1.96 WHIP0.96
2014(21歳)A25試 8勝6敗 防4.03 WHIP1.37
2015(22歳)A+, 2A23試 7勝4敗 1S 防2.83 WHIP1.02
2016(23歳)3A2試 1勝0敗 防9.72 WHIP1.80
2017(24歳)A, 2A2試 0勝0敗 防0.00 WHIP0.50
2018(25歳)3A9試 2勝1敗 2S 防7.20 WHIP1.40
2019(26歳)3A10試 0勝0敗 2S 防1.20 WHIP1.33
2020(27歳)マイナー開催なし
2021(28歳)A+, 3A18試 2勝2敗 防3.86 WHIP0.80
2022(29歳)3A36試 3勝2敗 2S 防2.74 WHIP1.03
2023(30歳)メキシカン, 3AMEX:9試 1勝1敗 2S 防1.08 WHIP0.96
3A:13試 0勝0敗 1S 防3.38 WHIP0.98

【中日】マイケル・フェリスの球種や評価は?

マイケル・フェリス投手がメジャーリーグ時代にどのような評価を受けていたかを紹介します。

【2016年当時】アストロズ時代の評価

2016年当時、フェリス投手は23歳で、アストロズのプロスペクトランキングで14位

当時はホップする90マイル中盤(150キロ台前半)のストレートは武器になるものの、コントロールが悪いという評価でした。

またポテンシャルとしては、将来的に良いセットアッパーになる可能性を秘めていると言われていました。

下記評価はFanGraphs独自の数値を引用。最低が20で最高が80。平均値は50

直球の質当時55 / 将来60
スライダー当時45 / 将来55
チェンジアップ当時40 / 将来45
コントロール当時40 / 将来45+
全体評価当時40 / 将来50-55

MLBキャリア全体における球種ごとの投球割合と平均球速

フェリス投手のMLBキャリア通しての投球割合と平均球速一覧です。

スクロールできます
年度(満年齢)ストレート
投球割合(平均球速)
チェンジアップ
投球割合(平均球速)
スライダー
投球割合(平均球速)
2015(22歳)69.0%(152キロ)5.2%(137キロ)25.9%(132キロ)
2016(23歳)62.2%(154キロ)5.4%(137キロ)30.7%(133キロ)
2017(24歳)71.5%(155キロ)0.8%(141キロ)27.2%(137キロ)
2018(25歳)71.3%(153キロ)4.7%(142キロ)21.7%(134キロ)
2019(26歳)73.1%(153キロ)6.4%(139キロ)20.0%(132キロ)
2020(27歳)55.0%(151キロ)6.7%(137キロ)38.3%(136キロ)
2021(28歳)58.1%(151キロ)7.6%(139キロ)34.3%(131キロ)
2022(29歳)44.4%(150キロ)14.3%(138キロ)41.3%(133キロ)
FanGraphs参照

変化球の球種はチェンジアップとスライダー。

若い頃、ストレートは最速で平均球速155キロを誇っていました。

近年はストレートの球速が落ちてきており、それに伴いチェンジアップとスライダーの割合が増加しています。

現在のマイケル・フェリスの評価

マイケル・フェリス投手は、平均球速150キロのホップする直球とスライダーを投球の軸にしています。

四球は比較的多めでメジャー通算の9回あたりの四球数は3.9個で、マイナー通算が2.9個。

一方で奪三振能力が高く、奪三振率はメジャー通算11.8、マイナー通算も9.3と、イニング数以上に三振を奪う能力があります。

近年は3Aやメキシカンリーグで好成績を残しており、日本の野球にうまく適応できればセットアッパーとして活躍できそうです。

【中日】マイケル・フェリスの生涯年俸は?【日本円】

マイケル・フェリス投手の生涯年俸は6億4600万円です。

項目ドル日本円
ドラフト契約金$400,0004800万円
MLB総年俸額$3,895,9224億6800万円
NPB総年俸額1億3000万円
生涯年俸$4,295,9226億4600万円
1ドル120円換算
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次