日本人メジャーリーガーの残り試合数は?

【Wiki】村上頌樹(しょうき)の中学・高校はどこ?現在の評価も紹介!

【Wiki】村上頌樹(しょうき)の中学・高校はどこ?現在の評価も紹介!

ノビのあるストレートを武器に、2023年大ブレークしている阪神・村上頌樹(しょうき)投手。

今年出てきたピッチャーということもあり、村上頌樹投手がどこの中学と高校に通っていたのか気になる方が多いようです。

そこでこの記事では、村上頌樹投手の中学・高校についてや現在の評価をまとめてWiki形式で紹介していきます。

目次

村上頌樹(しょうき)の中学・高校時代はどうだった?

阪神・村上投手は、兵庫県南あわじ市の生まれ。

南あわじ市で中学まで過ごし、その後は智辯学園、東洋大学と進学します。

  • 南あわじ市立賀集小学校
  • 南あわじ市立南淡中学校
  • 智辯学園高校
  • 東洋大学

詳しく見ていきます。

村上頌樹は南あわじ市で野球を始める

村上投手は、南あわじ市立賀集小学校の1年生の時に「賀集少年野球クラブ」に入団して野球を始めました。

小学校3年生で投手に転向。

当時の監督は「小学校に入る前だったのに、キャッチボールに非凡なものを感じた」と語るなど、当時から突出した才能があったことが伺えます。

その後はピッチャーとしてキャリアを積んでいき、南あわじ市立南淡中学校時代には「アイランドホークス」に入団。

その時のアイランドホークスのコーチは、元阪神タイガースで智辯学園出身の庄田隆弘さん。

モグルくん

村上投手は智辯学園と阪神タイガースの後輩にあたります。

その庄田さん曰く、村上投手の特徴である「真っスラ(ナチュラルにスライダーするストレート)」は中学の時からだそう。

現在は浮き上がる真っスラでプロ野球の舞台で無双していますが、中学でも独特の真っスラで無双していたようです。

普通の中学生投手とは、球の軌道がまったく違いますから、打者は簡単には打てません。

SMART FLASHより引用

性格も「負けん気が強い」「物怖じしない」「味方がエラーしても顔色一つ変えない」など、村上投手は当時からピッチャー向きの性格でした。

当時から村上君は、かなり負けん気の強い子で、たとえば真っスラをヒットにされるとムキになり、もう一度、真っスラをわざと同じコースに投げるんです。それで、また打たれたり。マウンドでの喜怒哀楽が激しく、連打されると、顔を紅潮させて涙を浮かべることもありましたね。ただ、周囲がミスしたときは残念さを見せない。『あとは抑えるから』といった表情で、チームメイトを見守っていたのが印象的でした。

SMART FLASHより引用

また村上投手は守備やバッティング、牽制もうまく、センス抜群だったと庄田さんは言及しています。

結果的に中学3年時の春夏の全国大会で準優勝するなど、輝かしい実績を残します。

智辯学園で全国制覇するものの東洋大学へ進学

村上投手はアイランドホークスで技術を磨き、当時の庄田コーチの母校である智辯学園に進学します。

智辯学園では1年夏からベンチ入りし、甲子園でも登板機会がありました。

この頃の村上投手の実力は怪物級で、村上投手の独特なホップする真っスラを見た数人のピッチャーが「これは叶わない」と野手転向したほどでした。

モグルくん

ピッチャーを諦めた選手も智辯学園に入学するほどの実力の持ち主だったわけで、いかに村上投手がバケモノだったかが分かるエピソードです。

その後も順調に育ち、1年秋からエースナンバーを背負った村上投手。

3年春のセンバツ大会では全5試合を完投(47投球回、防御率0.38)して、チームを優勝に導きました。

このように高校野球で圧倒的な成績を残した村上投手でしたが、東洋大学に進学を決意。

高卒でプロ志望届を出さなかった理由について、村上投手は「絶対にプロでやりたいとは思っているが、今井投手(現西武)などと比べると、まだプロで勝負できる自信が持てない」と語っています。

自分を客観視して、「このタイミングで行けば成功できる」という自分なりの勝ち筋を確信してから挑戦するところがすごいですよね。

アッキー

確かに今井投手は投げる球がえげつないので、まだまだだと思ってしまうかもしれませんね。

東洋大学進学後も実力を見せつけた村上投手。

1年春から早速リーグ戦に登板して、3年時にはエースに君臨し「6勝0敗、防御率0.77」と圧倒的な数字を残します。

その後は日本代表に選ばれるなど、充実した大学生活を送りました。

村上投手が大学時代に残した実績は素晴らしいものでしたが、4年時に怪我したこともあり阪神タイガースからの5位指名でプロ入りします。

村上頌樹(しょうき)の現在の評価は?

阪神タイガース・村上頌樹投手の評価をまとめます。

村上頌樹はストレートがえぐい

村上投手のストレートは真っスラでホップします。

ホップ具合は藤川球児さんのストレートを彷彿とさせ、実際に「空振り率が高い」「バットに当たっても内野フライになる」というデータが出ていて、完全に無双しています。

モグルくん

村上投手のストレートの回転数は2600回転と言われていて、プロの平均2400~2500を軽く上回っています。

実際に変化球での三振よりも「高めのストレートでの空振り三振」や「アウトローの見逃し三振」が圧倒的に多いことからも、いかにストレートがえぐいかが分かると思います。

村上頌樹はコントロールがえぐい

村上投手のもう一つ大きな特徴が、コントロールが良いことです。

同僚の大竹耕太郎投手のように、無駄な四球を出して自滅するようなことはまずありません。

また村上投手は、四球を出さないという意味でのゾーンに投げるコントロールに加えて、アウトローギリギリを攻めるピンポイントのコントロールも抜群。

マダックス(100球未満での完封)を達成する日も近いかもしれません。

村上頌樹は変化球のキレがえぐい

ホップするストレートとコントロールに加えて、村上投手は変化球のキレもえげつないです。

村上投手の持ち球(球種)がこちら。

  • ストレート
  • カットボール
  • ツーシーム
  • フォーク
  • スローカーブ
  • スライダー(あまり使われていない)

村上投手の変化球は、カットボールやツーシームの速い変化球がメインで、フォークで空振りを狙いに行ったり、たまにスローカーブでタイミングを外します。

キレも良いですがコントロールも良く、しかもストレートもえげつないため、バッターは的を絞りにくくなかなか打たれません。

村上頌樹(しょうき)のプロフィール

名前村上 頌樹(むらかみ しょうき)
生年月日1998年6月25日
出身地兵庫県南あわじ市
所属阪神タイガース

【Wiki】村上頌樹(しょうき)の中学・高校はどこ?現在の評価も紹介!【まとめ】

この記事では、阪神タイガース・村上頌樹投手のWikiとして中学・高校・大学時代のエピソードや、現在の評価についてまとめました。

村上投手は小学時代から非凡な才能を発揮していて、中学や高校では全国大会の常連、大学では日本代表に選ばれるなどすごい経歴の持ち主でした。

現在はピッチャーとして全てを兼ね備えていると評されていて、特にスピン量の多いノビのある直球が魅力です。

今後も村上投手の活躍が楽しみですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次