【DAZNが0円で⁈】プロ野球を実質無料で見る方法

大竹耕太郎は頭いい?早稲田に一般入試で合格の噂を徹底検証!

大竹耕太郎は頭いい?早稲田に一般入試で合格の噂を徹底検証!

現役ドラフトで阪神タイガースに移籍した大竹耕太郎投手。

5月時点で無傷の6連勝を飾るなど、阪神に移籍してから大竹耕太郎投手は大活躍しています。

そんな大竹耕太郎投手は多彩な変化球を抜群のコントロールで投げ込んでいくスタイルから連想して、「元々頭いいのかな?」と気になる方が多いようです。

そこでこの記事では、大竹耕太郎投手が頭いいと言われる理由を経歴から解説していきます。

目次

【大竹耕太郎は頭いい】早稲田大学は一般入試で入った?

結論、大竹耕太郎投手はかなり頭がいい選手です。

大竹選手の学歴を振り返りながら、理由を解説していきます。

  • 高校:済々黌高校
  • 大学:早稲田大学

大竹耕太郎の高校は済々黌高校

大竹耕太郎選手の高校は、熊本県の済々黌高校(読み方:せいせいこう)です。

済々黌高校は偏差値73とも言われる公立の進学校

大竹選手が済々黌高校を選んだのは「私学を倒したい」という理由から。

済々黌高校に進路を定めた大竹投手は、中3の9月から1日10時間の猛勉強

アッキー

1日10時間も勉強できる集中力がまずすごい。

猛勉強のかいあって、見事済々黌高校に合格した大竹投手。

そもそも、中学時代の大竹投手は学業優秀でした。

通知表は5教科オール5、定期テストも全教科平均9割以上

しかも大竹投手の両親は学校の教師。

6歳上のお姉さんも大竹投手の勉強の面倒を見ていたこともあり、良い家庭環境があったことも後押ししました。

大竹投手の両親やお姉さんの情報はこちらの記事で詳しく解説しています。

済々黌高校は毎年旧帝大への合格者を多数輩出するエリート校。

著名な卒業生はくりぃむしちゅーの上田晋也さんと有田哲平さん

上田晋也さんは早稲田大学、有田哲平さんは立教大学に進学していることからも済々黌高校の高いレベルが分かります。

また元プロ野球監督の古葉竹識さんも済々黌高校の卒業生。

進学校ながら野球部にも力を入れていて、大竹投手は済々黌高校時代に2度甲子園出場。

甲子園出場実績
  • 2012年夏
  • 2013年春

甲子園では大阪桐蔭・森友哉選手(現オリックス)など超高校級バッターには打たれはしたものの、大竹投手は全国レベルのピッチャーとして認知されていました。

大竹耕太郎の大学は早稲田大学

その後、大竹耕太郎選手は早稲田大学に進みます。

大竹選手が早稲田大学に入学したのは一般入試かスポーツ推薦かは分かっていません。

学部が「スポーツ科学部」であることから、おそらくスポーツ推薦だと思われます。

モグルくん

高校時代は野球に熱中しすぎて、学業の成績は落ちたと本人が語っています。

ただ、前述の通り熊本県でもTOP3に入る進学校に通っていたので、大竹耕太郎選手は一般入試で早稲田大学に入学するレベルの地頭は有していたはずです。

大学時代はひたすら野球に打ち込んだ大竹投手。

野球では、1年生秋と2年生春のリーグ戦でエース級の働きを見せます。

スクロールできます
年度試合防御率勝利敗北投球回与四死球
大学1年東京六大学(春)10.00001 2/31
大学1年東京六大学(秋)92.70424011
大学2年東京六大学(春)60.894150 2/39
大学2年東京六大学(秋)52.22112411
大学3年東京六大学(春)55.401226 1/314
大学3年東京六大学(秋)310.80016 2/32
大学4年東京六大学(春)43.12028 2/31
大学4年東京六大学(秋)53.141114 1/33

3年時と4年時は、怪我をしてしまい活躍できませんでした。

ただ、大学生3年生の時のインタビューで大竹耕太郎選手は、早稲田大学とソフトバンクホークスの大先輩である和田毅選手のような賢さを感じる受け答えをしています。

良かったときのフォームとことし一年のフォームをしっかりと比較した上で何が悪かったのかを考えた結果、問題点が出てきました。他にも筋肉の出力が弱くなっていたり機能が落ちていたり。そういった悪い点を直していくことが一番ですかね。何が打ちにくかったのか、なぜ打ちにくかったのかを相手の打者にも聞いて、自分の良さとはなんなのかをもう一度考えて、それを失わないようにしていきたいです。

早稲田大学サイトより引用

「自分の特徴と現状を徹底的に分析した上で、バッターをいかに抑えるか?」ということを、この時から意識しているように感じますよね。

この頭の良さがあったからこそ、怪我があっても育成ドラフト4位でソフトバンクホークスに指名されたのだと思います。

【大竹耕太郎は頭いい】喋り方からして賢い

プロ野球選手でその選手の知性が垣間見えるのがヒーローインタビュー

大竹投手は2023年、開幕から勝ちまくっていて、ヒーローインタビューの機会も多くあります。

受け答えの喋り方から、ファンの方は既に「大竹耕太郎は賢い」と気付いているようです。

大竹投手の受け答えに知性といい人感が伝わってくるね。 これからも活躍を期待しています。

大竹からは知性を感じます

好きな色を黄色と即答して阪神ファン、ソフトバンクファン、母校済々黌OBを等しく唸らせるアタマの回転の早さよね。 雨男もちゃっかりネタにしてるわ。

この動画のヒーローインタビューは、大竹投手の賢さと対応力が発揮されたものになりました。

  • 質問「好きな色は?」→答え「黄色(タイガースカラー)」
  • ノイジー選手にコメントを英語で行う。

シンプルに話し方が賢そうで、謙虚で、「絶対頭いいよね」とファンに印象付けたインタビューになりました。

大竹耕太郎は頭いい?世間の反応は?

大竹耕太郎選手が頭いいという世間の声は多数あります。

済々黌高校→早稲田大学という学歴もさることながら、そこまで速くない球速ながら抜群の制球力と多彩な変化球で抑える姿からは知性を感じざるを得ません

ソフトバンクホークスを主に扱う記者・田尻耕太郎さんのコラムでは、「大竹耕太郎はちょっと変わり者だ。」と言及されていて、独自の感覚に基づいたトレーニングを行っている様子が描かれています。

大竹投手の性格にはこちらの記事で詳しく解説しています。

大竹耕太郎のプロフィール

名前大竹耕太郎
生年月日1995年6月29日
出身地熊本県熊本市南区
所属球団阪神タイガース

大竹耕太郎は元々ソフトバンクに育成選手として入団。

2022年の第1回現役ドラフトの対象選手として阪神へ移籍。

2023年序盤の大活躍から、現役ドラフトの成功例として知られています。

大竹耕太郎は頭いい?早稲田に一般入試で合格の噂を徹底検証!【まとめ】

この記事では、大竹耕太郎選手が頭いいという噂について、経歴から振り返ってまとめました。

大竹耕太郎選手は、進学校の済々黌高校から早稲田大学という学歴や巧みな投球術から頭いいという世間の反応がありました。

ソフトバンクから阪神に移籍して心機一転、大竹耕太郎選手の更なる活躍に期待しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次