【DAZNが0円で⁈】プロ野球を実質無料で見る方法

【2024年プロ野球】NPB感染症特例とは?特例抹消選手は誰?

【2024年プロ野球】NPB感染症特例とは?特例抹消選手は誰?

新型ウイルスによる感染症が拡大してから2023年まで、プロ野球では「特例2023」のように感染症対策として特例が設けられていました。

2024年からは「特例2024」という名前ではなくなったものの、新たに「NPB感染症特例」という名前でルールとしては残ることが決定しました。

この記事では、新たにできた「NPB感染症特例」の詳細や特例が適用されて抹消された選手について紹介していきます。

目次

NPB感染症特例とは?Q&A形式で紹介

NPB感染症特例とは?

新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染、またはワクチン接種による体調不良が疑われる選手の柔軟な入れ替えを可能にする特例制度のこと。

いくつかの点を除いて特例2023とほぼ同様の内容で、特例2023の後継となる制度となっている。

NPB感染症特例のルールは?
  • 登録抹消されても、感染事実がない場合は通常の10日を待たずに再登録できる
  • 出場選手登録を従来の29人から31人へ増加
  • 外国人選手登録を従来の4人から5人へ増加
  • ベンチ入り人数を従来の25人から26人へ増加

*ロースターに関するルールは特例2023のものを引き継ぐ形となりました。

特例2023とNPB感染症特例の違いは?

特例2023とNPB感染症特例は、以下の点で異なります。

  • NPB感染症特例では新型コロナウイルスに加えて、インフルエンザも対象に追加された。
  • NPB感染症特例では医師による診断書が必要になった。例えば、特例2023では発熱などの症状さえあれば特例が適用されたが、NPB感染症特例では診断書を提出する必要がある。

NPB感染症特例のポイント【詳細解説】

ここではNPB感染症特例のポイントを紹介します。

登録抹消後にすぐ復帰できるが、特例2023ほど気軽に使えなくなった

NPB感染症特例の一番の肝となるのは、やはり「対象者は登録抹消されても10日以内に復帰できる」というもの。

モグルくん

引き続き、代替指名選手で選手の補充も可能。

ただし、NPB感染症特例では医師の診断書が必要になっているため、特例2023の時ほど気軽には使えなくなり、かつ登録抹消後すぐに再登録というような運用は難しくなっていると考えられます。

特例2023の時は、発熱や鼻水、のどの痛みが出て「感染しているかもしれない」という状況でも医師の診断書なしで特例抹消が可能。そのため、新型ウイルスに起因しない軽微な体調不良ですぐに回復した場合は翌日にでも復帰可能でした。

一方で、2024年のNPB感染症特例では医師の診断書が必要であるため、軽微な体調不良での抹消は考えにくく、「10日を待たずに1週間で復帰」などはあり得そうですが、極端に早い1日や2日で復帰というような事例は減少すると考えられます。

アッキー

そもそも診断書が必要というひと手間が増えて、抹消事例自体が減少するかもしれません。

2023年に「特例2023」での抹消ケースがどれだけ発生したかについては、下記の記事をご参照ください。

ロースター関連のルールには変更なし

ロースター枠関連のルールは、特例2023の時のものが継続されます。

出場選手登録人数外国人登録人数ベンチ入り人数
201929425
202031526
202131526
202231526
202331526
202431526

NPB感染症特例における一軍出場選手登録は31人、外国人登録人数は5人、ベンチ入り人数は26人です。

NPB感染症特例の対象選手・代替指名選手リスト【2024年】

NPB感染症特例が適用されて登録抹消された選手の一覧です。

選手名チーム名登録抹消日代替指名選手
ヤン西武3月29日中村祐太
ターリー楽天4月12日伊藤茉央
荘司康誠楽天4月13日吉川雄大

【月別】NPB感染症特例適用による登録抹消者数

3月1人
4月2人
2024年4月13日現在

【球団別】NPB感染症特例適用による登録抹消者数

オリックス0人
ソフトバンク0人
西武1人
楽天2人
ロッテ0人
日本ハム0人
ヤクルト0人
横浜0人
阪神0人
巨人0人
広島0人
中日0人
2024年4月13日現在
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次