【DAZNが0円で⁈】プロ野球を実質無料で見る方法

【2023年オフ~2024年】プロ野球トレード一覧!歴代大型トレードは?

【2023年オフ~2024年】プロ野球トレード一覧!歴代大型トレードは?

この記事では、2023年オフから24年シーズン終了までのプロ野球トレード一覧、歴代の大型トレードについてまとめていきます。

目次

2023年11月6日:巨人とソフトバンクで1対2のトレード

2023年オフ第1弾トレードは、一軍での実績がある選手同士のトレードとなりました。

ソフトバンクは長打力のある右打者の補強、巨人は投手強化で思惑が一致した模様。

巨人→ソフトバンク

選手名2023年成績2024年年俸(推定)
ウォーカー57試 率.263 6本 20点 1盗1億円

ソフトバンク→巨人

選手名2023年成績2024年年俸(推定)
高橋 礼5試 0勝2敗 防10.804300万円
泉 圭輔3試 0勝0敗 防16.882700万円

2023年11月8日:巨人とオリックスで金銭トレード

オリックス→巨人(金銭)

選手名2023年成績2024年年俸(推定)
近藤 大亮12試 0勝1敗 防5.114200万円

2023年11月24日:日本ハムとオリックスで1対1のトレード

即戦力投手が欲しい日本ハムと、将来性が高い若い投手が欲しいオリックスの思惑が一致し、吉田と黒木のトレードが成立。

日本ハム→オリックス

選手名2023年成績2024年年俸(推定)
吉田 輝星3試 0勝0敗 防9.001600万円

オリックス→日本ハム

選手名2023年成績2024年年俸(推定)
黒木 優太12試 1勝5敗 防6.582500万円

2023年12月21日:西武とヤクルトで1対1のトレード

西武→ヤクルト

選手名2023年成績2024年年俸(推定)
宮川 哲4試 1勝2敗 防7.162000万円

ヤクルト→西武

選手名2023年成績2024年年俸(推定)
元山 飛優22試 率.179 0本 3点1100万円

2024年3月11日:巨人と日本ハムで1対1のトレード

2024年シーズン前、巨人は3件目、日本ハムは2件目のトレードが成立。

ユーティリティープレーヤー同士のトレードとなりました。

巨人→日本ハム

選手名2023年成績2024年年俸(推定)
若林 晃弘21試 率.125 0本 0点 1盗2300万円

日本ハム→巨人

選手名2023年成績2024年年俸(推定)
郡 拓也7試 率.267 0本 0点 1盗880万円

以降、トレード情報が入り次第追記していきます。お手数ですが、ブックマークしてお待ちください。

【2022年オフ~2023年シーズン中】トレード一覧

2022年オフ~23年シーズン中に行われたトレード一覧です。

期間中に最もトレードに動いたのは日本ハムで、総勢7対7となりました。

逆に全く動かなかったのがソフトバンクで、広島は長野を巨人へ無償トレードしたのみとなりました。

球団名獲得放出
オリックス石川 亮
廣岡 大志
齋藤 綱記
鈴木 康平
ソフトバンクトレードなしトレードなし
西武佐藤 龍世
高松 渡
山田 遥楓
川越 誠司
楽天阿部 寿樹涌井 秀章
ロッテ西村 天裕
石川 慎吾
加藤 匠馬
福田 光輝
小沼 健太
日本ハム江越 大賀
齋藤 友貴哉
山田 遥楓
齋藤 綱記
福田 光輝
山本 拓実
郡司 裕也
髙濱 祐仁
渡邉 諒
佐藤 龍世
石川 亮
西村 天裕
齋藤 綱記
宇佐見 真吾
ヤクルト阪口 皓亮西浦 直亨
DeNA京田 陽太
西浦 直亨
砂田 毅樹
阪口 皓亮
阪神髙濱 祐仁
渡邉 諒
江越 大賀
齋藤 友貴哉
巨人長野 久義
鈴木 康平
小沼 健太
廣岡 大志
石川 慎吾
広島なし長野 久義
中日涌井 秀章
砂田 毅樹
加藤 匠馬
齋藤 綱記
宇佐見 真吾
川越 誠司
阿部 寿樹
京田 陽太
山本 拓実
郡司 裕也
高松 渡

【2000年代以降のプロ野球】大型トレードまとめ

ここでは2000年代以降に起きた歴代の大型トレードについてまとめていきます。

2003年:ダイエー・小久保選手を巨人へ無償トレード

選手チーム
小久保裕紀ダイエー→巨人(無償)

ダイエーの主砲・小久保選手の巨人への無償トレードは非常に衝撃的でした。

原因は当時の球団社長との衝突と言われていて、王監督や松中選手を始めとするチームメイトも球団を激しく非難しました。

その後、親会社がダイエーからソフトバンクに変わったことで、小久保選手がFA権を取得したタイミングでホークスに復帰。

2024年からはソフトバンクホークス一軍監督を務めます。

2013年:日本ハム・糸井選手を中心とした2対3の大型トレード

選手チーム
糸井嘉男日本ハム→オリックス
八木智哉日本ハム→オリックス
木佐貫洋オリックス→日本ハム
大引啓次オリックス→日本ハム
赤田将吾オリックス→日本ハム

このトレードは、糸井選手が2012年オフの契約更改で揉めたことで起きたと言われています。

バリバリの一軍選手が多数動いたことで、かなり衝撃的なトレードとなりました。

2016年:巨人⇔日本ハムで2対2の大型トレード

選手チーム
大田泰示巨人→日本ハム
公文克彦巨人→日本ハム
吉川光夫日本ハム→巨人
石川慎吾日本ハム→巨人

巨人でなかなか芽が出なかった大田選手と、日本ハムで2012年に大活躍してから調子が上がらなかった吉川投手を中心とした2対2のトレードでした。

このトレードは大田選手にとっては非常に大きな転機となり、日本ハムで才能を開花させ主力選手として活躍しました。

若手の飼い殺しを防ぐという意味で、非常に良いトレードでした。

2020年:巨人・澤村投手のトレード

選手チーム
澤村拓一巨人→ロッテ
香月一也ロッテ→巨人

澤村投手と香月選手のトレードは、「実績の格差」が話題になったトレードでした。

澤村投手は巨人では不調に陥っていましたが、ロッテに移籍して復調。

その後メジャーで2年プレイしてから2023年よりロッテに復帰し、ロッテ愛を貫いています。

2021年:日本ハム・中田選手を巨人へ無償トレード

選手チーム
中田翔日本ハム→巨人(無償)

2021年の日本ハムはチームの雰囲気が悪く、万波選手に差別的なイジリをするチームメイトがいるような最悪な状況。

そんな状況下で中田翔選手の暴力騒動が報じられ、あえなく巨人へ無償トレードとなりました。

さすがにトレードになった2021年は調子が上がりませんでしたが、2022年以降は中田選手も巨人に溶け込んで活躍。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次