日本人メジャーリーガーの残り試合数は?

山崎武司の現役時代の年俸推移と成績!現在の収入はいくら?

山崎武司の現役時代の年俸推移と成績!現在の収入はいくら?

現役時代はセ・パ両リーグで本塁打王に輝くなど、ホームランバッターとして活躍した山崎武司氏。

この記事では、山崎武司氏の現役時代の年俸推移と年度別成績、現在の仕事内容や収入について紹介していきます。

目次

山崎武司の現役時代の年俸推移と年度別成績【中日/オリックス/楽天】

山崎武司氏の現役時代の年俸推移と年度別成績がこちら。

スクロールできます
年度(満年齢)チーム年俸打撃成績追記事項
1987(19歳)中日400万円一軍出場なし契約金4300万円
1988(20歳)中日400万円一軍出場なし
1989(21歳)中日460万円20試 率.172 0本 2点 OPS.493
1990(22歳)中日520万円5試 率.429 0本 0点 OPS1.071
1991(23歳)中日700万円26試 率.140 1本 2点 OPS.516
1992(24歳)中日800万円40試 率.236 4本 10点 OPS.704
1993(25歳)中日1200万円77試 率.270 3本 17点 OPS.748
1994(26歳)中日1700万円38試 率.262 3本 13点 OPS.928
1995(27歳)中日1900万円66試 率.291 16本 39点 OPS.943
1996(28歳)中日2800万円127試 率.322 39本 107点 OPS1.007
1997(29歳)中日8500万円130試 率.257 19本 54点 OPS.797
1998(30歳)中日7500万円131試 率.255 27本 86点 OPS.838
1999(31歳)中日9500万円113試 率.246 28本 75点 OPS.873
2000(32歳)中日1億円118試 率.311 18本 68点 OPS.892
2001(33歳)中日1億2000万円111試 率.238 25本 51点 OPS.785
2002(34歳)中日1億2000万円26試 率.192 2本 5点 OPS.5363年契約1年目
2003(35歳)オリックス1億2000万円110試 率.232 22本 68点 OPS.7843年契約2年目
2004(36歳)オリックス1億2000万円62試 率.245 4本 20点 OPS.6903年契約3年目
2005(37歳)楽天5000万円118試 率.266 25本 65点 OPS.867
2006(38歳)楽天8000万円122試 率.241 19本 67点 OPS.764
2007(39歳)楽天8250万円141試 率.261 43本 108点 OPS.936
2008(40歳)楽天1億9200万円142試 率.276 26本 80点 OPS.842
2009(41歳)楽天1億8000万円142試 率.246 39本 107点 OPS.847
2010(42歳)楽天2億5000万円141試 率.239 28本 93点 OPS.7492年契約1年目
2011(43歳)楽天2億5000万円102試 率.229 11本 48点 OPS.6532年契約2年目
2012(44歳)中日3000万円90試 率.209 1本 13点 OPS.582
2013(45歳)中日2700万円51試 率.210 0本 7点 OPS.568
成績の太字はリーグ最高

通算成績:2249試 率.257 403本 1205点 OPS.816 1834安打

遅咲きの長距離砲

1986年ドラフト2位で中日ドラゴンズに入団した山崎武司氏。

入団以来一軍での出場機会を増やすことができず、完全にレギュラーを獲得できたのは10年目の1996年のことでした。

モグルくん

しかも、レギュラー1年目で本塁打王獲得。

山崎武司の主な実績
  • 本塁打王:2回 (1996年、2007年)
  • 打点王:1回 (2007年)
  • ベストナイン:3回 (外野手部門:1996年、指名打者部門:2007年、2009年)

本塁打王獲得以降は徐々に成績が振るわなくなり、オリックスへのトレードを経て戦力外通告を受けることに。

一時は引退の危機に陥るも、楽天入団後の田尾監督・野村監督の指導により復活

モグルくん

田尾監督はフォーム改造、野村監督からは配球を教わったと本人が語っています。

39歳でのホームラン王獲得は日本プロ野球歴代2位の最高齢記録

最後は古巣・中日に復帰し45歳まで現役を続けて、2013年に引退。

自身最高年俸は42歳と43歳の年に記録した2億5000万円でした。

モグルくん

成績も年俸も遅咲きでした。

山崎武司の現役時代の生涯年俸は?

山崎武司氏の現役時代の生涯年俸は21億2830万円です。

項目年俸額(日本円)
ドラフト契約金4300万円
年俸総額20億8530万円
生涯年俸21億2830万円

山崎武司の現在の仕事内容や年収は?

山崎武司氏は2013年シーズンをもって現役引退

引退後は野球解説者を中心に活動しつつ、モータースポーツにもドライバーとして参戦しています。

山崎武司の引退後の主な活動内容
  • 野球解説者(フジテレビ・ニッポン放送・東海テレビ・東海ラジオ・テレビ愛知)
  • FOX SPORTS「BASEBALL CENTER」のアナリスト
  • 夕刊フジの野球評論家
モグルくん

野球解説をしながら趣味も満喫する自由な引退後の生活は、大魔神・佐々木主浩氏を思い起こさせます。

東海地方ではテレビやラジオ出演もこなし、YouTubeでレギュラー出演(プロ野球やまやま話)もするなどドラゴンズOBとしての存在感は抜群です。

現在の収入は野球解説・評論・メディア出演によるもので、推定年収2000万円程度と見られます。

山崎武司の現役時代の年俸推移と成績!現在の収入はいくら?【まとめ】

この記事では、山崎武司氏の現役時代の年俸推移と年度別成績、現在の仕事内容や収入について紹介しました。

山崎武司氏の現役時代の生涯年俸は21億2830万円です。

現在は東海地方を中心に野球解説者や評論家として活動しており、推定年収は2000万円程度と見られます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次