【DAZNが0円で⁈】プロ野球を実質無料で見る方法

【2024年プロ野球】パ・リーグ順位予想!【戦力分析】

【2024年プロ野球】パ・リーグ順位予想!【戦力分析】

この記事では、2024年パ・リーグの順位を予想していきます。

順位予想は走・攻・守・投で分けて点数付けを行い、総合評価で決定。

また前年からの戦力の増減、新外国人、ドラフトなどを加味した戦力分析も加味しています。

目次

2024年のパ・リーグ順位予想

2024年のパ・リーグ順位予想は以下の通りです。

スクロールできます
予想順位チーム打力守備力機動力先発リリーフ総合評価
1位オリックス4524419
2位ソフトバンク4433418
3位西武2444317
4位日本ハム3234315
5位ロッテ3333315
6位楽天3342315

打力・守備力・機動力・先発・リリーフを1(最低)~5(最高)の評価で加点していき、総合評価で順位を付けました。

それぞれの評価は昨年の成績をベースに、今年の戦力増減を加味して点数を付けています。

アッキー

私の個人的な贔屓はホークスですが、一切の忖度なしです。

それぞれのチームごとに、評価の理由やコメントを以下に述べていきます。

2024年セ・リーグの順位予想は?

1位:オリックス

オリックスの評価
  • 打力:4
  • 守備力:5
  • 機動力:2
  • 先発:4
  • リリーフ:4
  • 総合評価:19

2024年のオリックスは、チームで1番イニングを投げた山本由伸(164回)と同3番目の山崎福也(130.1回)が抜けた穴をどう埋めるかがカギ。

モグルくん

チームの総投球回数1290回の中の22.8%を占めるのは、インパクトが大きいですよね。

いくら好素材の若手が多くいるとはいえ、山本・山崎と比較するとどうしても経験値が不足してしまうのは不安材料。

一方で、昨年打率リーグ1位、得点3位を記録した打線には広島からヒットメーカーの西川龍馬が加入し、更に盤石になったのは好材料です。

総合的に見ると、中嶋監督の眼力・采配、打線、投手陣全てのレベルが高く、今年も優勝で4連覇の予想としました。

2位:ソフトバンク

ソフトバンクの評価
  • 打力:4
  • 守備力:4
  • 機動力:3
  • 先発:3
  • リリーフ:4
  • 総合評価:18

2024年のソフトバンクは、山川・ウォーカーの加入で厚みを増した打線が見どころ。

また昨年は先発陣が崩壊気味でしたが、今季から先発転向するモイネロと大津の2枚が加わるのは好影響。

ただ、山川は約1年実戦から遠ざかっており、ウォーカーも二軍の時期が長く、モイネロ・大津も先発転向初年度で未知数というのは同時に懸念点でもあります。

3位:西武

西武の評価
  • 打力:2
  • 守備力:4
  • 機動力:4
  • 先発:4
  • リリーフ:3
  • 総合評価:17

2024年の西武は、エースの髙橋をはじめ、平良、今井、隅田と続く先発投手陣がかなり強力

一方で、昨季リーグ最低本塁打数、5位の打率を記録した打線に深刻な問題が。

外崎・源田の二遊間の守備は安定しており、機動力も使えることから、後は打線だけ。

予想スタメンにも入っている若手有望株の蛭間と長谷川、新外国人のアギラーとコルデロがしっかり成績を残せば更に上位を目指せるポテンシャルがあるチームと言えます。

4位:日本ハム

日本ハムの評価
  • 打力:3
  • 守備力:2
  • 機動力:3
  • 先発:4
  • リリーフ:3
  • 総合評価:15

日本ハムは4位に位置してはいるものの、今シーズンのダークホース的な存在

特に加藤が残留し、金村や根本など若手に有望なピッチャーも多くいる先発陣はリーグ屈指。

打線も新外国人のレイエスとスティーブンソンの成績次第でレベルアップが図れそう。

何より日本ハムの球団自体が今季にかける意気込みが凄く、何かが起きそうな予感はします。

5位:ロッテ

ロッテの評価
  • 打力:3
  • 守備力:3
  • 機動力:3
  • 先発:3
  • リリーフ:3
  • 総合評価:15

2024年のロッテは大きな上積みがなく、変化としてはソト(前DeNA)の加入と内野のコンバートくらい。

また昨季から慢性的な先発投手不足に悩まされているものの、有力な先発候補は出てきておらず、メジャー移籍を目指す佐々木のフルシーズン稼働がカギになりそう。

もし佐々木朗希が山本由伸並の好成績を収めることができれば、Aクラス入りの可能性も。

6位:楽天

楽天の評価
  • 打力:3
  • 守備力:3
  • 機動力:4
  • 先発:2
  • リリーフ:3
  • 総合評価:15

2024年の楽天はかなり厳しい戦いになりそう。

長年抑えを務めてきた松井裕樹がメジャーへ移籍したことで、一番信頼できる先発だった則本が抑えに転向。

元日本ハムのポンセが加入したとはいえ、通年で成績を残したピッチャーではないため未知数です。

打線も目ぼしい補強がなく、既存戦力に加えて、黒川や渡邊などの有望な若手が一軍でどれだけ成績を残せるかにかかっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次