【DAZNが0円で⁈】プロ野球を実質無料で見る方法

【2024年】NPBとMLBの規定投球回数は何回?計算方法や達成者一覧も!

【2023年】NPBとMLBの規定投球回数は?計算方法や達成者一覧も!

2022年のシーズン終盤、大谷選手が近代野球初の規定打席と規定投球回数同時達成なるか?ということで話題になりました。

変な話、規定打席は凡退し続けても試合に出続ける限りは到達可能ですが、規定投球回数は抑えなければ到達できないためかなりハードです。

この記事では、NPBとMLBにおける規定投球回数が何回なのか、その計算方法や過去の達成者についても紹介してきます。

目次

規定投球回とは?分かりやすく解説

規定投球回とは、最優秀防御率の受賞投手に選ばれるために必要な投球回数のことです。

防御率は基本的にイニング数が少ないと有利なので、最低限投げなければならないイニング数として規定投球回が定められています。

モグルくん

リリーフピッチャーは短いイニングを全力で行くため、防御率1点台も良く見ますよね。

規定投球回を投げた先発投手が多ければ多いほど、先発が役割を果たしたことになり、中継ぎ投手への負担が少ない球団であると言えます。

【2024年】NPB(日本)の規定投球回数は何回?計算方法は?

2024年のNPBの規定投球回数は143回です。

モグルくん

規定投球回の計算方法は簡単で「規定投球回=試合数」です。

中6日のローテーションで回ると、年間25~26登板。

平均6回を投げきれれば、規定投球回を達成できる計算です。

【2022年】セ・リーグ規定投球回到達者一覧

スクロールできます
選手名球団投球回数
森下暢仁広島178.2
戸郷翔征巨人171.2
青柳晃洋阪神162.1
大野雄大中日157
小川泰弘ヤクルト153.1
柳裕也中日153.1
西勇輝阪神148.1
菅野智之巨人147
小笠原慎之介中日146.2
今永昇太横浜143.2

規定投球回達成者の内訳がこちら。

  • 中日:3名
  • 阪神・巨人:各2名
  • 広島・ヤクルト・横浜:各1名

【2022年】パ・リーグ規定投球回到達者一覧

スクロールできます
選手名球団投球回数
山本由伸オリックス193
髙橋光成西武175.2
田中将大楽天163
伊藤大海日本ハム155.2
上沢直之日本ハム152
宮城大弥オリックス148.1
加藤貴之日本ハム147.2
千賀滉大ソフトバンク144
小島和哉ロッテ143.1

規定投球回達成者の内訳がこちら。

  • 日本ハム:3名
  • オリックス:2名
  • 西武・楽天・ソフトバンク・ロッテ:各1名

オリックス・山本由伸投手が193回と、NPBの中では頭一つ抜けた投球回数を投げています。

【2024年】MLB(メジャーリーグ)の規定投球回数は何回?計算方法は?

2024年のMLBの規定投球回数は162回です。

モグルくん

NPBと同様、規定投球回の計算方法は簡単で「規定投球回=試合数」です。

MLBの先発は中4日で回るのが基本で、順調にシーズン通して投げると32登板になります。

中4日で5回~6回を投げきれれば、規定投球回に到達することが可能です。

【2022年】MLB規定投球回達成者ランキング(全20人)【かなり厳しい】

スクロールできます
順位選手名球団投球回数
1S・アルカンタラマイアミ・マーリンズ228.2
2F・バルデスヒューストン・アストロズ201.1
3G・コールニューヨーク・ヤンキース200.2
4M・ケリーアリゾナ・ダイアモンドバックス200.1
5S・ビーバークリーブランド・ガーディアンズ200.0
6A・マノアトロント・ブルージェイズ196.2
7ダルビッシュ有サンディエゴ・パドレス194.2
8L・ウェブサンフランシスコ・ジャイアンツ192.1
9C・クアントリルクリーブランド・ガーディアンズ186.1
10M・フリードアトランタ・ブレーブス185.1
11D・シースシカゴ・ホワイトソックス184.0
12C・バシットニューヨーク・メッツ181.2
13K・ライトアトランタ・ブレーブス180.1
14T・アンダーソンロサンゼルス・エンゼルス178.2
15C・ロドンサンフランシスコ・ジャイアンツ178.0
16J・タイロンニューヨーク・ヤンキース177.1
17J・バーランダーヒューストン・アストロズ175.0
17J・ウリアスロサンゼルス・ドジャース175.0
19大谷翔平ロサンゼルス・エンゼルス166.0
20J・ウルキディヒューストン・アストロズ164.1

2022年はMLB全体で20名が規定投球回に達しました。

アッキー

たったの20人しか達成していないと言った方が良いかもしれません。

日本人投手は、7位にダルビッシュ有投手、19位に大谷翔平選手の2名がランクイン。

そんな中で二刀流で打者としても一流の成績を残しながら、たった20名しかいない規定投球回を達成した大谷翔平選手の凄さが際立ちます。

200イニング近く投げたダルビッシュ有投手ももちろん凄いです。

【2023年】大谷翔平が規定投球回数に到達できる見込みは?

気になるのは、2023年も大谷翔平選手が規定投球回に到達するかどうかですよね。

2023年の大谷選手は中5日で投げ続けています。

報道によると、シーズン終盤には中4日も予定しているとのことで、そうなると30登板あたりが目安になってきそうです。

今年の大谷選手は、1試合平均5.9回を投げているので、そこから計算するとシーズン30登板で177回前後に着地します。

【追記】日本時間8月24日の登板で肘の靭帯損傷が判明し、今季絶望となってしまいました。

これにより、2023年は規定投球回には届かないことが確定しました。

スクロールできます
項目成績リーグランキング(10位以内)
登板数23-
勝利108位
敗北5-
防御率3.143位
投球回132.0-
奪三振1675位
WHIP1.064位
2023年シーズン終了時点
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次