【DAZNが0円で⁈】プロ野球を実質無料で見る方法

【MLB歴代】メジャーリーグで開幕投手を務めた日本人は誰?

【歴代】メジャーリーグで開幕投手を務めた日本人は誰?【MLB】

これまでに日本人投手がメジャーリーグで開幕投手を務めたのは15回。

2024年にダルビッシュ有が日本人通算16回目の開幕投手を務めますが、これまでにどのような選手が開幕投手を務めてきたのでしょうか?

この記事では日本人メジャーリーガーの歴史を紐解き、MLBで開幕投手を務めた日本人投手を紹介していきます。

目次

日本人メジャーリーガーがMLBで開幕投手を務めた歴史を振り返る

これまでにMLBで開幕投手を務めた選手は7人。ここでは日本人メジャーリーガーの開幕投手の歴史をたどっていきます。

2000年

野茂英雄(タイガース)が日本人初の開幕投手を務めた。7回3失点で勝利投手となった。

2003年

野茂英雄(ドジャース)が自身2度目の開幕投手を務めた。見事完封勝利を飾った。

2004年

野茂英雄(ドジャース)が2年連続、自身3度目の開幕投手を務めた。5回7失点で負け投手となった。

2008年

日本(東京ドーム)開催の開幕戦で松坂大輔(レッドソックス)が日本人2人目の開幕投手を務めた。5回2失点で勝敗は付かなかった。

2009年

黒田博樹(ドジャース)が日本人3人目の開幕投手を務めた。5回2/3を1失点で勝利投手になった。

2015年

田中将大(ヤンキース)が日本人4人目の開幕投手を務めた。4回5失点で負け投手になった。

2016年

田中将大(ヤンキース)が2年連続、自身2度目の開幕投手を務めた。5回2/3を2失点で勝敗は付かなかった。

2017年

田中将大(ヤンキース)が3年連続、自身3度目の開幕投手を務めた。3年連続は日本人初。2回2/3を7失点で負け投手になった。

ダルビッシュ有(レンジャーズ)が日本人5人目の開幕投手を務めた。6回1/3を4失点で勝敗は付かなかった。

この年は、史上初めて同年に日本人2人がMLBで開幕投手を務めた記念すべき年となった。

2019年

田中将大(ヤンキース)が自身4度目の開幕投手を務めた。4度の開幕投手は野茂を抜き日本人最多。5回2/3を2失点で、4度目の挑戦にして自身初となる開幕勝利をあげた。

2021年

ダルビッシュ有(パドレス)が自身2度目の開幕投手を務めた。4回2/3を4失点で勝敗は付かなかった。

前田健太(ツインズ)が日本人6人目の開幕投手を務めた。4回1/3を2失点で勝敗は付かなかった。

日本人2人が同年にMLBで開幕投手を務めたのは2回目となった。

2022年

ダルビッシュ有(パドレス)が自身3度目の開幕投手を務めた。6回無失点だったが勝敗は付かなかった。

大谷翔平(エンゼルス)が日本人7人目の開幕投手を務めた。4回2/3を1失点で負け投手になった。

日本人2人が同年にMLBで開幕投手を務めるのは3回目、2年連続は史上初となった。

2023年

大谷翔平(エンゼルス)が自身2度目の開幕投手を務めた。6回無失点と好投したものの勝敗は付かなかった。

2024年

韓国で開催される開幕戦で、ダルビッシュ有(パドレス)が自身4度目の開幕投手を務める。4度の開幕投手は田中将大と並ぶ日本人最多。

ダルビッシュ有の開幕戦での投球成績

ダルビッシュ有は通算4度の開幕投手を務めました。

投球成績は以下の通りで、開幕戦の勝敗は0勝0敗、通算防御率は3.48です。

年度所属相手勝敗投球成績
2017レンジャーズインディアンス6.1回 4失点(自責点4)
2021パドレスDバックス4.2回 4失点(自責点4)
2022パドレスDバックス6回 無失点(自責点0)
2024パドレスドジャース3.2回 1失点(自責点0)

田中将大の開幕戦での投球成績

田中将大はヤンキースで通算4度の開幕投手を務めました。3年連続は日本人唯一の記録(2024年時点)。

投球成績は以下の通りで、開幕戦の勝敗は1勝2敗、通算防御率は7.50です。

年度所属相手勝敗投球成績
2015ヤンキースブルージェイズ4回 5失点(自責点5)
2016ヤンキースアストロズ5.2回 2失点(自責点2)
2017ヤンキースレイズ2.2回 7失点(自責点7)
2019ヤンキースオリオールズ5.2回 2失点(自責点1)

野茂英雄の開幕戦での投球成績

野茂英雄は日本人初のMLB開幕投手で、通算3度務めました。

投球成績は以下の通りで、開幕戦の勝敗は2勝1敗、通算防御率は4.29です。

年度所属相手勝敗投球成績
2000タイガースアスレチックス7回 3失点(自責点3)
2003ドジャースDバックス9回 0失点(自責点0)
2004ドジャースパドレス5回 7失点(自責点7)

大谷翔平の開幕戦での投球成績

大谷翔平は通算2度の開幕投手を務めました。

投球成績は以下の通りで、開幕戦の勝敗は0勝1敗、通算防御率は0.84です。

年度所属相手勝敗投球成績
2022エンゼルスアストロズ4.2回 1失点(自責点1)
2023エンゼルスアスレチックス6回 0失点(自責点0)

前田健太の開幕戦での投球成績

前田健太は通算1度の開幕投手を務めました。

投球成績は以下の通りで、開幕戦の勝敗は0勝0敗、通算防御率は2.08です。

年度所属相手勝敗投球成績
2021ツインズブリュワーズ4.1回 2失点(自責点1)

黒田博樹の開幕戦での投球成績

黒田博樹は通算1度の開幕投手を務めました。

投球成績は以下の通りで、開幕戦の勝敗は1勝0敗、通算防御率は1.59です。

年度所属相手勝敗投球成績
2009ドジャースパドレス5.2回 1失点(自責点1)

松坂大輔の開幕戦での投球成績

松坂大輔は通算1度の開幕投手を務めました。

投球成績は以下の通りで、開幕戦の勝敗は0勝0敗、通算防御率は3.60です。

年度所属相手勝敗投球成績
2008レッドソックスアスレチックス5回 2失点(自責点2)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次